本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


当サイト管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています。レッスン内容の詳細はこちらのページskypeでのご依頼も受け付けています

 日本語教育能力検定試験対策室

 検定について

日本語教育能力検定試験、いわゆる検定です。相対評価で、毎年受験者の上位2割しか合格者を出しません(試験は朝から夕方まで一日がかりです)。つまり、あなたが95点とっても、受験者みんなが96点や98点だったらあなたは合格しない、それが相対評価です。

以下、検定受験者の属性です。
高齢化と女性の圧倒的に多いです。


引用元:JEES公式 平成28年度日本語教育能力検定試験
検定試験自体を存続するか、新しい試験を作るかという議論もなされていますが、当面は必要です。
何度も言ってますが、日本語教育能力検定試験は日本語教師としての"勉強をしたという証明"でしかありません。つまりないという事は、いくら「合格できないだけで1000時間も勉強してるし経験も5年ある」と言っても無駄であり、同時に「合格したから教え方上手だぞ」とも言えない代物です。


検定合格は多くの学校で要求されますが、検定合格よりも420時間です。ちなみに、どの養成講座もこの420時間を達成するようプログラムが組まれています。

検定も含め、必要なのは3つ。上から順に重要視されるもの。
 ①420時間受講
 ②検定合格
 ③大学で日本語学科を専攻
②と③がなくても教師にはなれます。ただ、①は必須です。ないとお話になりません(必要ない学校は危ない!)。③は①の上位互換なので、③をクリアした人は①は不要です。
お金も時間もないという方は、①を3か月でとる猛勉強スタイルがおすすめ。ただ、それだと教師になってから苦労すること間違いなしなので、覚悟はしておいた方がいいです。



検定言葉        や・わ 

人物解説        や・わ 

・    検定対策トップへ 日本語教師の給料 検定用語さ行 みん日動詞一覧表 かぎり族8種 みん日形容詞一覧表 名詞とな形の境界線 みん日教案24課