本文へスキップ

管理人カキアゲによる日本語教師養成プライベートレッスン➔詳細                 お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp




サイト内検索

 日本語教育能力検定試験対策室

 日本語教育に携わる人物の解説 - あ行

日本語教育に直接関わる、または間接的に関わる方たちを簡単に紹介しています。

     



伊沢修二
日清戦争に勝利した日本は,1895 年台湾の総督府学務部長として赴任した。7 月には台北郊外の芝山巌学堂において,地元の子弟対象の日本語教育が開始された。教員養成を重視。募集した人に喜一郎あり。ロドリゲスの「Tが主体的に学習」を始めたのに対し、彼は「Sが主体的に学習」を始めた。日本語の簡略化でも知られ、おとうさん→おとーさん、と「とお」か「とう」か紛らわしいので全て長音にしようとした。「おねーさん」なども

ウィルキンズ(欧州各国の代表)(とハイムズ)
コミュニカティブアプローチを提唱。母体は元々EU(ヨーロッパ共同体)が米と露に対抗するべく早く協力するため作られた教授法だが、固有の具体的な教授法はとくにない
オーディオリンガル FOFs Focus On Forms
 ↓                文型
コミュニカティブ  FOM Focus On Meaning
 ↓                意味
現在        FOF  Focus On Form
                  文型
ヴィゴツキーレフ・セミョノヴィチ・ヴィゴツキー
学習はS個人の中だけの問題ではないということ。具体的に何をすればいいと言っているのか、それは新しい知識をただ受け身的に待ち構えるSに与えるのではなく、能動的に自ら新しい知識を獲得しようとするSを援助することである。
しかし、これはSによって学習スタイルが違うので、正しいともいえるし、そうでないともいえる理論である。ヴィゴツキーは他にも内言・外言も提唱した
・内言・・・とは音声を使わない自身のための内的言語であり,主として思考の道具としての機能を果たす。
それに対し,外言とは他者に向かって用いられる音声言語であり,伝達の道具としての機能を果たす。ヴィゴツキーによれば,子どもがはじめに用いるのは外言だけであるが,発達とともにそれが外言と内言に分化していく。その移行期に出現するのが音声をともなう内言としての自己中心語である。
◆書籍:ヴィゴツキー入門
◆覚方:子供にツキっきりーのヴィゴツキー

上田万年うえだかずとし
色々な功績を残している人。絶対覚えるべし!
・標準語:理想・人為的・厳しい規範・その言語の価値を高めるもの。
・1889年明治28年『帝国文学』に「標準語に就きて」で標準語の必要性を述べる
  標準語に就きて:東京の中流社会の口語を基にした「標準語」に関する論文。
・1895年『口語法』『口語法別記』をまとめた国語調査委員会の当時の主事
・1898年「P音考」も論じている
  P音考:ハ行子音が p→f→h と変化したことを論じたもの

※消滅した[p]は中世に従音、拗音の後ろ、オノマトペとして再発生→現在に至る
◆書籍:国語のため
◆覚方:標準語にP音考、上田の研究は万年に及んだ

 
岡倉由三郎
朝鮮における正式な日本語教育の担い手。1891年官立日語学堂の初代T「新英和大辞典」

大出正篤おおいでまさひろ
対訳法である成人向けの速成式を唱え、戦前に満州国や中国占領地で日本語を教授。満州国における日本語教育は、台湾や朝鮮の国語教育とは異なっていた。年少者を対象とした学校での日本語教育はそれほど普及せず、社会人対象の検定試験合格を目指した日本語教育の方が盛んであった。そこで彼は速成式教授法を主張した。中国語による対訳と注釈を付した総ルビの教科書を用意し、本文の意味と読みについては自宅で対訳法により予習をさせ、授業では専ら口頭発表と会話練習を行う学習法を行う学習法を考案。この教授法については、大出と当時台湾・朝鮮を経て満州国に移ってきた山口の間に論争がおきた。

オースティンジョン・ラングショー・オースティン
イギリスの哲学者、日常言語学派の主要人物の一人。発話とは3つの行為をやっている、と定義。
・発話行為・・・話すこと
・発話内行為・・・話す事によって行われる依頼、謝罪などの行為
 「ごめん。ドア開けて」という発話行為には、<話す事>と<依頼する事>の2つの動作が含まれる。「明日必ず返す」も同様で、<話す事>と<約束する事>が含まれる
・発話媒介行為・・・発話によって結果的に生じる効果。
◆書籍: 言語と行為


検定言葉        や・わ 

人物解説        や・わ 



・    検定対策トップへ 日本語教師の給料 検定用語さ行 みん日動詞一覧表 かぎり族8種 みん日形容詞一覧表 名詞とな形の境界線 みん日教案24課