本文へスキップ

管理人カキアゲによる日本語教師養成プライベートレッスン➔詳細                 お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp




サイト内検索

 日本語教育能力検定試験対策室

 日本語教育に携わる人物の解説 ー ま行

日本語教育に直接関わる、または間接的に関わる方たちを簡単に紹介しています。

     

前島密まえじまひそか
江戸時代末期頃から漢字廃止を唱える者が現れ始めた。代表的な人物が前島密で、1866年12月に将軍の徳川慶喜に漢字御廃止之議を献じたという、最初期の漢字廃止論者である。前島は漢字を廃止し、仮名文字のみで日本語の文を書くべきだと主張した。
前島は明治2年、衆議院に「国文教育之儀ニ付建議」を提出、漢字を廃して平仮名を国字にしようとするものであった。
前島は後に日本の郵便事業を立ち上げる。
◆書籍:知られざる前島密
◆覚方:ひそひそ漢字を廃止しようと考えるヒソカ

松下大三郎
松下文法(日本語文法)。1905年、宏文学院教授。
1913年、日華学院を創設し、以来、中国留学生教育に尽くした
参.橋本文法

松本亀次郎
中国人から強い支持。1903年宏文書院で教師に。「改訂・日本語教科書」

松宮弥平
アメリカ人宣教師を対象に1893年、群馬県で教授。「日本語教授法」



 
森有礼もりありのり
商取引に限って英語を(通商語として)導入すること、日本語をローマ字で表記することを提唱。1872年にこの提唱をホイットニーに打診、ホイットニーは、簡略化した英語に否定的な見解を示した上で、日本語のローマ字化を除いては日本語の廃止に反対した。森は英語の国語化も目指していた。
◆書籍:国家と教育―森有礼と新島襄の比較研究
◆覚方:商売の時は英語もアリじゃない?森有礼

検定言葉        や・わ 

人物解説        や・わ 



・    検定対策トップへ 日本語教師の給料 検定用語さ行 みん日動詞一覧表 かぎり族8種 みん日形容詞一覧表 名詞とな形の境界線 みん日教案24課