本文へスキップ

管理人カキアゲによる日本語教師養成プライベートレッスン➔詳細                 お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp




サイト内検索

 日本語教育能力検定試験対策室

 日本語教育に携わる人物の解説 ー た行

日本語教育に直接関わる、または間接的に関わる方たちを簡単に紹介しています。

     

大黒屋光太夫だいこくや こうだゆう
初めてロシアを見て帰った来た日本人。犬ぞりで皇帝の下まで行き、日本に帰してもらった。1782年に日本を出国、11年後に帰国したが、当時の日本は鎖国だったため露の現状を他の人に話されては困ると幽閉された。しかし露の現状を知りたい幕府は彼に本をかかせた。ちなみにデンベイは薩摩弁、光太夫は伊勢弁を露で喋っていたので、当時の方言を知る手がかりとなる
チェンバレル
「習うより慣れたらいい」英語学者。
東大で教鞭。日本語学の父。言語学を日本に広める(それ以前は国学と呼ばれていた)。

チョムスキー
「言語習得は普遍的な文法によって進められる(普遍文法)」認知やCLL、S.P.など。上から叩き込まなくても理解すれば良し



 
東条操とうじょうみさお
1954年に方言区画を作り、さらにそれを整理しなおしたのが加藤正信(1977)

検定言葉        や・わ 

人物解説        や・わ 



・    検定対策トップへ 日本語教師の給料 検定用語さ行 みん日動詞一覧表 かぎり族8種 みん日形容詞一覧表 名詞とな形の境界線 みん日教案24課