本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


当サイト管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています。レッスン内容の詳細はこちらのページskypeでのご依頼も受け付けています

 日本語教育能力検定試験対策室

 検定に出る言葉とその説明 - や・わ行

これまでに出た、これからも出そうな、言葉の一覧と説明です。
あ~わ行で分けています。ローマ字は、例えばJSLという言葉はジェイエスエルと読み、さ行の「し」のところにあります。CATは「キャット」と読みますが、これもシーエーティー、さ行の「し」です。

     

・役割語
「おほほ」とか「~ざます」など、現実には存在しない漫画や小説の中の言葉遣いを、金水敏は役割語と名付けた
・U字型発達
一度覚えた文法項目が再び崩れること。後戻りがあるがこれは学習者の言語知識全体が発達していることを示すもの(学習者の中間言語がわかると発達段階が分かる)

・ワーキングメモリ
「作動記憶」または「作業記憶」とも。会話や計算などの認知的な活動を遂行する際に、意識に上っている必要な情報を保持しながら、同時に処理を進める記憶システム。心理学者バッドリーが理論化
 

検定言葉        や・わ 

人物解説        や・わ 

・    検定対策トップへ 日本語教師の給料 検定用語さ行 みん日動詞一覧表 かぎり族8種 みん日形容詞一覧表 名詞とな形の境界線 みん日教案24課