本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


 違い たとたんに・と思うと・か〜ないかのうちに・がはやいか・そばから・なり・やいなや・次第

ここでは、それぞれの文型の用法や使い分け、共起する語、例文を載せています。

〜 いろいろな一覧 〜
2版動詞 1〜25課 2版動詞 26〜50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1〜25課2版1版@ 26〜50課2版1版A  カタカナ  場所


2017年4月、サイトをリニューアルしました。教案や一覧はみんなの日本語2版対応(情報量は倍以上に)、ブログページの新設、PC端末以外に対応など、様々な面で改良しました。
新サイト:日本語教師のN1et
授業のコツ
JLPTの文型の解説・例文は情報を見直し、さらに詳細なものを新サイトに載せています。
JLPT文型ページ

 共通@A

@
するとすぐに、の意で二つの事柄がほぼ同時に起こることを表わす。二つの事柄の主体は同じでも異なっていてもかまわない。

A
後件に意志性の文は基本的に不可だが、ナイカノウチニのみ「〜てください」が可能な場合があるが、学生に教える必要はなく、全て不可だと言うに留める

他の類似文型一覧を見る

 前件が終わる→後件をするもの

・雷が鳴る/鳴った ◎途端に △と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか ×そばから △なり △や否や 彼女は悲鳴を上げた
(↑鳴る→聞く→悲鳴なので、鳴っているわずかな間に悲鳴は上げられない)
(↑前件が終わった直後に後件という意味ならトタンニが適当)

・電話を切る/った 〇途端に 〇と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか △そばから △なり ×や否や 彼女は悲鳴を上げた

・山頂に着く/いた △途端に ×と思うと ◎か〜ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり △や否や 向かいの山の頭から太陽が昇ってきた
(↑前件が先か、後件が先かはあまり重要ではなく、あいまいであるため、前件の途中で後件が起こるナイカノウチニが最も適切な文)

 後件に意志性の文(命令・禁止・たい・よう等)が可能かどうか

・学校を卒業する/した ×途端に ×と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり ×や否や 彼と結婚するつもりです

・A社に着く/いた ×途端に ×と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり ×や否や こちらに電話してください

・玉子が固まる/った ×途端に ×と思うと 〇か〜ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり ×や否や 、取り出してください

・このベルトコンベアでたんぽぽが運ばれてくるので、それを運ばれる/た ×途端に ×と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか 〇そばから ×なり ×や否や 、これに載せてください
(↑玉子の文は繰り返しではないからソバカラは△だが、この流れ作業では繰り返しなので〇。ナイカノウチニはその時点を強調する文型であり、運ばれた瞬間を強調する必要はないため×)


 後件がある程度長期間か一瞬か

・妻は結婚する/した ◎途端に △と思うと △か〜ないかの内に ×が早いか △そばから △なり △や否や 料理をしなくなった

・現地の空港に着く ◎途端に △と思うと △か〜ないかの内に ×が早いか △そばから △なり △や否や 料理をしなくなった

・雷が鳴る/った ◎途端に △と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか ×そばから △なり 〇や否や 彼女は悲鳴を上げた
(↑ソバカラは繰り返しに使うので×。)

 後件にマイナスかプラスか

そのストーカー男は彼女が家に帰る/った ×途端に △と思うと ×か〜ないかの内に ×が早いか △そばから ◎なり 〇や否や 彼女の家に電話をかけた
(↑ナリは悪い事柄によく使われる。そしてヤイナヤは前件の行為・事態を待ち構えて、追いかけるように後件を行うので、この文でなら〇)

 口語的か文語的かの度合

口語的↓
 そばから 途端に と思うと (これらはあまりニュースなどでは見られない)
 なり ないかの内に (あまり聞かないが、会話で聞かれないわけではない)
 が早いか や否や (会話ではまず聞かない)
文語的↑

 それぞれの持つ他とは違う特徴

なり    :後件(主節)は望ましくない行為や状態が多い
と思うと  :前件と後件で対照的
そばから  :繰り返し

 +α「〜次第」

これは事務的な場面でよく聞かれる
 ・報告書はでき次第お送りいたします

 それぞれの詳しい解説

たとたんにN3と思うとN2か〜ないかのうちにN2がはやいかN1そばからN1なりN1やいなやN1

 例文

それぞれの文型を参照

 目次 あ行〜わ行

         

 

  JLPT文型一覧へ   例文

【略称の意味】
〇:いい △:あまりよくない ×:悪い フ:ふつう形 V:動詞 A:い形容詞(形容詞) Na:な形容詞(形容動詞) N:名詞 X:文型直前に接続する語 Y:文型直後に接続する語 (前件と後件という意味ではない) 比.:比較対象文型   使.:よく使うもの   参.:参考として見ておくもの 
T:教師 S:学生 TS:教師から学生に ST:学生から教師に G:ジェスチャー P:場所 FC:フラッシュカード PC:絵カード LC:文字カード WB:ホワイトボード ◆:目標・これからやる事 ★:レアリア・プリント 1gV:1グループ動詞 L51:みん日では非提出