本文へスキップ

3月26日(日)にワークショップを行います。参加者募集中➔詳細                        お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp
3月16日現在残り募集者数3名




サイト内検索

スポンサードリンク


 は行 ばかり N1~4

ここでは、それぞれの文型の用法や使い分け、共起する語、例文を載せています。

~ いろいろな一覧 ~
2版動詞 1~25課 2版動詞 26~50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1~25課2版1版① 26~50課2版1版②  カタカナ  場所


日本語教師のノウハウをプライベートレッスンで教えています(skype可)
レッスン詳細はこちら

 用法・使い分け 

※バカリ族7種
たばかりだN4 ➀直後L46         ・去年結婚した~だ
ばかりだN2 ②(マイナスの)継続     ・成績は悪くなる~だ
ばかりだN4 ③(マイナスの)過多・不満  ・彼はお菓子~食べる  食べて~いる
ばかりかN2 ④累加            ・漢字~か、ひらがなさえ書けない 電気代~か、水道も値上が
ばかりにN2 ⑤(マイナスの)原因     ・勉強しなかった~に、不合格だった
ばかりでなくN3 ➅だけじゃなく      ・仕事~プライベートも充実させたい
とばかりにN1 ⑦~のような様子で
数詞+ばかり くらい・約・だいたい

Vタ+たばかりだN4 ➀直後
参.文型の説明や例文

Vジ+ばかりだ N2 ②~し続ける・(マイナスの)継続
1. バカリN4の本来の意味は「~が多すぎる」という意味であり、そこからの派生としての用法がこれなので、意味が似てしまうが、こちらは変化の動詞を使って「ある状態が悪い方にそのまま進行し続ける」ことを表す。「悪い方に」というのがバカリN4の名残りであり、イッポウダとの違いをはっきり示せる

2.Xが変化する動詞かどうかで用法が分かれる

3.派生なので、接続できるものもバカリダより少ない

4.「忘れる」などの、「繰り返し行わない動詞」は×
 ・日本語は使わないと、忘れる×ばかりだ ○一方だ
 (ちなみに、「忘れる」は【覚えている→忘れる】という変化を表す)

5.プラスは×

Vテ・N+ばかり N4 ③だけ・(マイナスの)Nが多すぎる(過多・不満・非難)
1.多すぎることに対して、話者の不満や非難の気持ちが出る
 ・毎日×日本語○漢字ばかり勉強している(日本語のために学校にいるのだから×)

2.その動詞に対して使うNが極端に少ない場合は×。例えば食べるものはたくさんあるので、「お菓子ばかり」はいいが、吸うものはタバコぐらいしかないので「たばこばかり」とは言えない
 ・×たばこばかり吸うと、病気になる(たばこ以外に吸うものはない)
 ・たばこを○吸ってばかりいると、~

3.2にも関係することだが、バカリがどこに付くかが大切
 ×たばこばかり吸っている
 ○たばこを吸ってばかりいる

参.L44A-1(超過)

Vフ・Aい・Naな・N+ばかりか N2 ④だけでなく・累加
1.XとさらにYも~だ

2.バカリカは他の「だけじゃない族」の中でもYを強調

3.「XとYも」を表すので、「さえ・すら・も・まで」などYを強める言葉と併用が多

4.+も-もいいが、他のバカリの用法に引っ張られ、文脈によっては-の意味が出てしまうことがある

比.ニトドマラズ

比.ノミナラズN2

比.バカリデナクN3
 1.バカリカの方が話者の強い気持ちを言う
  ・あの先生は日本語ばかりでなく、英語も教えている (←単なる累加)
  ・あの先生は日本語ばかりか、英語も教えている
  (↑先生英語も教えられるんだ!すごい!という気持ちが出るので、「〇教えている」「◎教えられる」。この文にマイナスの意味は現出しない)

Vフ・Aい・Naな・Nである+ばかりに[N/Naである] N2 ⑤(マイナスの)原因(悪い結果) 前件を理由に悪い結果

1.前件「だけ」が理由で悪い結果になった

2.後悔、残念な気持ちを表すことが多い。それだけのためにこうなったという強い批判・非難、後悔の気持ちが入る

参.L44A-1(超過)

Vフ・Aい・Naな・N+ばかりでなく N3 ➅~だけでなく
1.XとさらにYも~だ

2.後件に働きかけのある文も○。意志も○だが、使う場合は前件に対しての話者の非難の気持ちが出る
 ・考える 〇ばかりでなく ×ばかりか、早く書き始めなさい  
 ・車   〇ばかりでなく ×ばかりか家も欲しい

比.ノミナラズN2

Vフ/V命令・A・Na・Nのフ+とばかりに N1 ⑦~のような様子で
1.実際に言うのではなく、いかにもそのような態度や様子である動作をする

2.接続3gV「する」→「せん」

数詞+ばかり くらい・約・だいたい
1.概数を表すもので、同様の言葉「~くらい」と同じ意味ではあるが、あまり使われない
 ・3人~足りない

参.はおろかN1
参.ばかりでなくN3
参.うえにN3
参.のみならずN2
参.どころかN2
参.ばかりかN2
参.にかぎらずN2
参.だけでなくN3
参.はもとよりN2


 例文


彼の成績は悪くなるばかりだ


忙しいから、ファストフードばかり食べている
勉強しないで、ゲームしてばかりいる


あの先生は日本語ばかりか、英語も教えている


友達の保証人になったばかりに、私が今友達の借金を払っている
妻に酷いことを言ってしまったばかりに、離婚することになった


乗り物は速さ~、安全性もないとだめだ


登山の途中、彼は休もう~その場に座った

 目次 あ行~わ行

         

 

  JLPT文型一覧へ   例文

【略称の意味】
〇:いい △:あまりよくない ×:悪い フ:ふつう形 V:動詞 A:い形容詞(形容詞) Na:な形容詞(形容動詞) N:名詞 X:文型直前に接続する語 Y:文型直後に接続する語 (前件と後件という意味ではない) 比.:比較対象文型   使.:よく使うもの   参.:参考として見ておくもの 
T:教師 S:学生 TS:教師から学生に ST:学生から教師に G:ジェスチャー P:場所 FC:フラッシュカード PC:絵カード LC:文字カード WB:ホワイトボード ◆:目標・これからやる事 ★:レアリア・プリント 1gV:1グループ動詞 L51:みん日では非提出