本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


 な行 につけ

ここでは、それぞれの文型の用法や使い分け、共起する語、例文を載せています。

〜 いろいろな一覧 〜
2版動詞 1〜25課 2版動詞 26〜50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1〜25課2版1版@ 26〜50課2版1版A  カタカナ  場所


2017年4月、サイトをリニューアルしました。教案や一覧はみんなの日本語2版対応(情報量は倍以上に)、ブログページの新設、PC端末以外に対応など、様々な面で改良しました。
新サイト:日本語教師のN1et
授業のコツ
JLPTの文型の解説・例文は情報を見直し、さらに詳細なものを新サイトに載せています。
JLPT文型ページ

 用法・使い分け 

Vジ・N+につけ/につけて(は)/につけても N2 @〜するたびに
1.前件の時は常に後件だ
2.文末は心情を表す表現が来やすい
使.「見る・聞く・考える」や「何か・何事」などの言葉と共に慣用的に
比.たびにN3:日常的に多く使われているのはタビニ
 ・餃子を食べるたびに、元気が出る

Vジ・Aい+につけ+Vジ・Aい+につけ N2 A〜の場合(に)も・〜ても〜ても
1.対立する言葉をXとYに置き、どちらの時も後件だ、という
2.「〜につけ」を「〜ても」で置き換える事で理解を助けることもできる
3.「Xの状態になっても、Yの状態になっても」という意味で使うので、文脈によっては×
 ×大人〜子ども〜ここには入れない
 (↑大人になったり子どもになったりする事はない)
比.〜にしろ〜にしろN2:Nとの接続可。Vナイも可。後件に禁止が来やすい(ニツケは禁止も否定も×)
 味がいい〇につけ 〇にしろ、悪い〇につけ 〇にしろ、作ってくれるという事はありがたい
 大人×につけ 〇にしろ、子ども×につけ 〇にしろ、ここには入れない
4.NやNaとの接続はないとする参考書が多いが、そうとも限らない
 ・晴れ〜雨〜、大会は開かれる
 (↑しかし、すこぶる落ち着かない文となる。これはもう理由はなく、単に「ニツケと共に使われる事が少ないので違和感がある」だけである。授業ではVジ・Aいのみとの接続と言った方が無難かもしれない)


 例文

彼は何かにつけて文句を言う
エアコンはあるが、暑い〜寒い〜、貧乏なので絶対につけない

 目次 あ行〜わ行

         

 

  JLPT文型一覧へ   例文

【略称の意味】
〇:いい △:あまりよくない ×:悪い フ:ふつう形 V:動詞 A:い形容詞(形容詞) Na:な形容詞(形容動詞) N:名詞 X:文型直前に接続する語 Y:文型直後に接続する語 (前件と後件という意味ではない) 比.:比較対象文型   使.:よく使うもの   参.:参考として見ておくもの 
T:教師 S:学生 TS:教師から学生に ST:学生から教師に G:ジェスチャー P:場所 FC:フラッシュカード PC:絵カード LC:文字カード WB:ホワイトボード ◆:目標・これからやる事 ★:レアリア・プリント 1gV:1グループ動詞 L51:みん日では非提出