本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


当サイト管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています。レッスン内容の詳細はこちらのページskypeでのご依頼も受け付けています

 ら行 +られる(受身V) N3

ここでは、それぞれの文型の用法や使い分け、共起する語、例文を載せています。

〜 いろいろな一覧 〜
2版動詞 1〜25課 2版動詞 26〜50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1〜25課2版1版@ 26〜50課2版1版A  カタカナ  場所


2017年4月、サイトをリニューアルしました。
新サイト:日本語教師のN1et ?新JLPT文型ページ ?授業のコツ
ブログページの新設など様々な面で改良しました。
JLPTの文型の解説・例文は情報を見直し、さらに詳細なもの、例文も2倍以上に増やしたものを新サイトに載せています。

 用法・使い分け 

1.そうしようと思ってするのではなく、自然とそうなる事を言う

2.ラレルを使った文型は他にも「られる(可能)N4」「られる(受身)N4」「られる(尊敬)N4」がある。自発を教える際は復習するといいだろう

3.可能の時もそうだが、助詞が変わる事に※を→が

4.比較して教授するとわかりやすいだろう。ニュース↓
 ・日本経済は今後よくなると△思います 〇思われます
これは、主語をぼかし、物事を客観的に伝える日本的な手法である

5.「慣れる・見える・聞こえる・痩せる・太る」なども自発の意味があるが、これらは受身にする必要はなく、そのままで自発を表す。「見る・聞く」は受身にして、自発を表す
 ・お客様からは不満の声が聞かれる

使.思い出す・感じる


 例文

写真を見ると、家族が思い出される
死亡推定時刻は午後五時過ぎだと思われます。
今のところ凶器は刃物によるものだと考えられています

 目次 あ行〜わ行

         

 

  JLPT文型一覧へ   例文

【略称の意味】
〇:いい △:あまりよくない ×:悪い フ:ふつう形 V:動詞 A:い形容詞(形容詞) Na:な形容詞(形容動詞) N:名詞 X:文型直前に接続する語 Y:文型直後に接続する語 (前件と後件という意味ではない) 比.:比較対象文型   使.:よく使うもの   参.:参考として見ておくもの 
T:教師 S:学生 TS:教師から学生に ST:学生から教師に G:ジェスチャー P:場所 FC:フラッシュカード PC:絵カード LC:文字カード WB:ホワイトボード ◆:目標・これからやる事 ★:レアリア・プリント 1gV:1グループ動詞 L51:みん日では非提出