本文へスキップ

管理人カキアゲによる日本語教師養成プライベートレッスン➔詳細                 お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp




サイト内検索

 た行 だけ(あって/に/まし/でなく) N2~3

ここでは、それぞれの文型の用法や使い分け、共起する語、例文を載せています。

~ いろいろな一覧 ~
2版動詞 1~25課 2版動詞 26~50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1~25課2版1版① 26~50課2版1版②  カタカナ  場所


2016/11/3更新 グラフで見る世界の教師の分布と日本語教育の需要

 用法・使い分け 

※ダケ族5種
➀だけN3【Xの範囲内は全て】・できるだけ静かにしてください
②だけあって/だけのことはあるN2【ので・前件なので当然】・高い~うまい
③だけにN2③-Ⅰ【ので・Xだから当然】・彼は中国人な~漢字が得意だ
      ③-Ⅱ【前件だから、余計に】・あきらめていた~合格したときは本当に嬉しかった
      ③-Ⅲ【N1の程度が普通ではないから】 
④だけましN2【~はXではない状態よりいい】・彼は授業中いつも寝ているが、学校へ来るだけましだ
⑤(ただ)~だけでなく、N3【XとY】・彼はただ先生~、この学校の校長先生でもある

肯定形のフ→Vフ・Aい・Naな/である+だけ(の) N3 ①Xの範囲内は全て
1.Xできる範囲いっぱいを行う

2.後件では前件で示した範囲内で行う事を述べる。働きかけにもよく使われる

3.できるだけは慣用として既出

比.カギリ➀限界N2
「できるだけ」「できる限り」が同じように意味用法はかなり重なるところがあるが、「Nに接続できるかどうか」は大きな違いである

Vフ・Aい・Naな・N(Na・Nである)+だけあって/だけのことはある(文末用法)/だけの N2②-Ⅰ前件なので当然
1.前件である事を称える言い方。称えるにふさわしい根拠を前件に置く

2.褒めたり、感心したことについて話者の評価を述べるので、マイナス評価は×
 ×出席率60%~、いい学校には入れなかった
 (↑当然という意味では正しいのだが、後件が悪い結果で、評価ですらない)

3.「言うだけはある」は慣用的な使い方で、一部が省略されている→「上手だと言うだけのことはある」

使.さすが・やっぱり

②-ⅡだけのN2
1.一つの文型としてあるのだが、この②の用法に似ているので、ここにまとめた。しかし、単純に言い換えができないものもある
 彼は20年もアメリカに住んでいた○だけの英語能力がある ○だけあって、英語が上手だ

Vフ・Aい・Naな・N(Na・Nである)+だけに N2 ③-Ⅰので・Xだから当然
1.Xだから当然後件だ

Vフ・Aい・Naな・N(Na・Nである)+だけに N2 ③-Ⅱ前件だから、余計に
1.前件だから~だろうと予想していたが、その予想に反した結果が起こった

2.後件は感情を表す言葉が多い

N1がN1+だけに ③-ⅢN1の程度が普通ではないから
1.特殊な使い方で、Nが普通ではないという時に使われる

Vフ・Aい・Naな・N(Na・Nである)+だけましN2 ④~はXではない状態よりいい
1.何かを比べる時の表現

2.「Xの方がXでない状況よりいい」と述べるが、その「Xでない状況」は文中には現れない
 ・彼は授業中寝ているが、学校へ来る~だ(来ないと救いようがない。「来ない」=「Xでない状況)

Vフ・Aい・Naな・N(Na・Nである)+(ただ)~だけでなく、N3 ⑤XとY
1.XとY

2.Xの前に「ただ」を多用

3.ダケジャナクは口語的としてよく会話でも使われる

比.ドコロカ

比.ノミナラズN2バカリカN2ニカギラズN2ダケデナクN3ハモトヨリN2ウエニN3


 例文

➀だけN3【Xの範囲内は全て】
できるだけ静かにしてください

②だけあって/だけのことはあるN2【ので・前件なので当然】
高い~うまい

③だけにN2③-Ⅰ【ので・Xだから当然】
彼は中国人な~漢字が得意だ

③-Ⅱ【前件だから、余計に】
あきらめていた~合格したときは本当に嬉しかった
      
③-Ⅲ【N1の程度が普通ではないから】
祖父は年が年なだけに、あまり長く歩けない

④だけましN2【~はXではない状態よりいい】
彼は授業中いつも寝ているが、学校へ来るだけましだ

⑤(ただ)~だけでなく、N3【XとY】
彼はただ先生~、この学校の校長先生でもある➀

 目次 あ行~わ行

         

 


  JLPT文型一覧へ   例文

【略称の意味】
〇:いい △:あまりよくない ×:悪い フ:ふつう形 V:動詞 A:い形容詞(形容詞) Na:な形容詞(形容動詞) N:名詞 X:文型直前に接続する語 Y:文型直後に接続する語 (前件と後件という意味ではない) 比.:比較対象文型   使.:よく使うもの   参.:参考として見ておくもの 
T:教師 S:学生 TS:教師から学生に ST:学生から教師に G:ジェスチャー P:場所 FC:フラッシュカード PC:絵カード LC:文字カード WB:ホワイトボード ◆:目標・これからやる事 ★:レアリア・プリント 1gV:1グループ動詞 L51:みん日では非提出