本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


当サイト管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています。レッスン内容の詳細はこちらのページskypeでのご依頼も受け付けています

 初級 ポイント

~ いろいろな一覧 ~
2版動詞 1~25課 2版動詞 26~50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1~25課2版1版① 26~50課2版1版②  カタカナ  場所


2017年4月、サイトをリニューアルしました。
新サイト:日本語教師のN1et ➔教案ページ 授業のコツ
教案や一覧はみんなの日本語2版対応(情報量は倍以上に)、ブログページの新設など様々な面で改良しました。

-


 初級学生のひらがな・カタカナ誤用例と直し方のコツ

非漢字圏なら漢字が苦手なのは当然で、彼らが書く漢字はどれも「絵」である。

しかし、カタカナは出身国問わず苦戦する文字である。勝手な推測だが、人は直線を書くことが苦手である。
だからひらがなは距離がおかしかったり、線を入れる箇所や中心がずれたり、というぐらいの間違いだが、カタカナはそれらに加えて字形がぐにゃぐにゃになりがちである。

添削は面倒で、どうやって赤ペンを入れればいいのかに随分困る。とにかく時間がかかる作業である。

下はひらがなとカタカナの学生の誤用例
学生に配ってもいいし、教える前に教師が見ておくだけでもいいと思う。
学生がどんな風に間違うのか予習できる。


ひらがな
ひらがな赤ペン
スポンサードリンク

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

人気テキスト

みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き
みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き

心ときめくオキテ破りの日本語教授法
心ときめくオキテ破りの日本語教授法

日本人ですが、ただいま日本語見習い中です![無料版]
日本人ですが、ただいま日本語見習い中です![無料版] ~言葉を愛する辞典編集者たちの毎日~ 楽しく学べる学研コミックエッセイ

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル
日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学6年生

他の日本語教育関連書籍を見る

便利アイテム
日本語教師のために作られたような国語系最強の辞書
カシオ 電子辞書 エクスワード プロフェッショナルモデル XD-Y20000 コンテンツ200

写真や動画、プリントを大きく見せる小型プロジェクター
FOSONN モバイル DLPプロジェクター 日本語説明書付き ワイヤレス接続 DLNA/Miracast/Airplay対応 バッテリー・スピーカー内蔵

倒れないマグカップ
マイティーマグ 赤 レッド #1479

最新文房具

ゼブラ タテ引きヨコ引き自由自在でキレイに引ける 360度回転ヘッドの修正テープ
ゼブラ 修正テープ クルティア 3色 つめ替えセット P-U5C7-AZ

あらゆる角度に曲がる万能クリップ
cheero CLIP 万能クリップ (全色セット)

マグネットでクリップを付けてモコモコな動物に♪
マグネットでクリップを付けてモコモコな動物に♪ Animal Clip Holder(アニマル クリップ ホルダー) sheep ブラック

 
カタカナ
カタカナ赤ペン
 カタカナだけでなく、ひらがなや漢字も何度言っても直らないように見えるが、子供の成長に親が気づきにくいのと同じで、少しずつだがちゃんと改善されている。

そして子供同様、幼少期についた癖や習慣がなかなか直らないのと同じで、字形も初級の時にしっかり直させないと中級・上級で直させるのは大変難しい。
許容範囲は教師によっても違うが、字体があっていれば〇にする(後述)が、ンとソ、シとツなどはしっかり、いつまでも改善されるまでしつこく訂正し続けないと、彼らが困ることになる。


「ちがう!ンはもっと下!ソは上に傾いてんの!」
「せ、先生・・・もう許してください・・・」


参.機械的記憶


 
アイデア満載の連想イラストで日本語のひらがな・カタカナを最速学習。改訂版では、イラストをすべて更新。巻末に10字ごとのまとめ練習シートを増設。
【目次】
・日本語の文字について (英文解説)・ひらがな 46文字(あ~ん)・カタカナ 46文字(ア~ン)・日本語のつづり (濁音、半濁音、拗音、長音、句点・読点について補足説明(英文))・練習ページ 10文字ずつの練習を収録。

【対象】
・日本語初級者(年齢問わず)
・塾や学校などの教室用、独習用としても使えます。

 択問題で確認

上の誤用例を利用し、選択問題ができる。左端に正しい字を書き、その右に①②③と正しい字形のもの、そうでないものをランダムに並べ、正しいものを学生に選ばせるもの。授業でやるなら、下の画像を拡大し、口頭でやってからもう一度プリントでやった方がいい。全体で、口頭でやると、誰が間違った字形を書くのかわからず、正確な情報が得られないからだ。




 漢字指導について

訓読みと音読みは教えなければならないのか。L1新出の「学」を例に考えてみる。
「学」の訓は「まなぶ」、音は「ガク」である。これは「学校」や「学生」にも使われる言葉で、L1にふさわしい漢字である。学生もこれはすぐに書けるし、読める。しかし、「まなぶ」は別である。これは全課通して教えることもなく、また私達の生活においても多用されるとは言えない。

-

この「まなぶ」を学生に教える必要はあるのか。「訓読みはま!な!ぶ!覚えて!」と言われて覚えるだろうか。
使わないものは覚えない。これは言語習得において常識である。つまり、「まなぶ」を教える必要はどこにもないのだ。
そもそも訓や音などと分けて教えるのはナンセンスである。
S:そんなのは知らん、使うのを教えてくれ
漢字テストで「まなぶ」を問う意味はない。覚える時間も無駄だ。他にも「自」の訓「自ら」を教えたり、反対に「働く」の音で「労働」を教えたりするのも上述の理由により、何の生産性もない。
ずっと教えなくてもいいというわけではなく、段階を踏もうという話である。
さらに、書き順も教える必要はない。空書もはなはだ時間の無駄である。学生の立場で考えてほしい。一つの漢字に音も訓も教え、意味、そして連濁などによる音変化までやって、その上書き順?
日本人でも、ひらがなの書き順すら十分に書けない人だっているのだから、漢字の書き順なんて彼らには到底無理なことは明白である。
日本の教育を受け、漢字を勉強してきた人は自分が学んだやり方、漢字指導に限らずだが、をこの業界に持ち込まない方がいい。学ぶ期間、環境はコチラとは全く別物だ。
彼らには時間がない。せめて、読める事を目指すとか、書けるだけでオッケーとか、目標を絞らずあれもこれもとやっていたら、結局卒業時漢字は読めない書けないという悲しい結果になってしまいかねない。
参.留学生の作文・原稿用紙の書き方と作文誤用例
参.小論文の書き方。作文との違い

 字形の指導について

まずは字体や字形についての説明。
字体:その文字の持つ核となる部分。共通点。『木』という漢字を『大』と書いたらそれは『木』とは認識されない。しかし、『木』の縦画をトメるハネるかは人によって違う。しかし、どちらにしてもそれは『木』と認識され得る。その文字の持つ共通点、骨組みから外れなければいいのだ。
字形:実際に書かれる文字。10人いれば10通りの字形が存在する。
「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」(平成28年2月29日国語分科会)より
〇手書き文字と印刷文字の表し方には,習慣の違いがあり,一方だけが正しいのではない。
〇字の細部に違いがあっても,その漢字の骨組みが同じであれば,誤っているとはみなされない。
引用元:「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」(文化審議会国語分科会)の概要
あまり字形にうるさくならないように。
漢字マスターN2
漢字マスターN2
日本語総まとめ N1 漢字 (「日本語能力試験」対策)
日本語総まとめ N1 漢字 (「日本語能力試験」対策)
 

どんどんつながる漢字練習帳 初級 (日本語文字学習シリーズ)
どんどんつながる漢字練習帳 初級 (日本語文字学習シリーズ)
 

スポンサードリンク


便利アイテム

日本語教師のために作られたような国語系最強の辞書
カシオ 電子辞書 エクスワード プロフェッショナルモデル XD-Y20000 コンテンツ200

添削を楽に
ビバリー スタンプ ドラえもん 先生のごほうびスタンプ SE4-008
↑の補汁液(赤)

写真や動画、プリントを大きく見せる小型プロジェクター
FOSONN モバイル DLPプロジェクター 日本語説明書付き ワイヤレス接続 DLNA/Miracast/Airplay対応 バッテリー・スピーカー内蔵


日本語教育の人気書籍を見る

スポンサードリンク

  教科別で選ぶ参考書
日本語教師のノウハウをプライベートレッスンで教えています(skype可)。レッスン詳細はこちら

【略称の意味】
T=教師 S=学生 TS=教師から学生に ST=学生から教師に G=ジェスチャー P=場所 X=文型前の言葉 Y=文型後の言葉(前件と後件ではない) FC=フラッシュカード PC=絵カード LC=文字カード WB=ホワイトボード ◆=目標・これからやる事 ★=レアリア・プリント 1gV=1グループ動詞 L51=みん日では非提出 比.=比較対象文型 参.=参考として見ておくもの 教問=教科書問題 例文=教科書の例文 手引き=みんなの日本語の手引き  標問=みん日標準問題集 秘訣=日本語の教え方の秘訣[くわしい教案と教授法]1~13課 14~25課  26~37課  38~50課 
文練=みんなの日本語文型練習帳1~25課  26~50課