本文へスキップ

管理人カキアゲによる日本語教師養成プライベートレッスン➔詳細

お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp

 

管理人facebook  




N2et内検索

 初級 ポイント

~ いろいろな一覧 ~
2版動詞 1~25課 2版動詞 26~50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1~25課2版1版① 26~50課2版1版②  カタカナ  場所


2016/8/22更新 23課 ~とき ~と(条件文) どうしますか
2016/8/17更新 に沿って N2 ①目前用法 ②話題用法

~目次~
作文の書き方マス目に拗音などを正しく入れさせるには誤用例と訂正方法結果 →指導/教授法

 作文指導のこれまで

これまでに見てきた学生の作文の中で、特に多い間違いを紹介します。
実施のタイミングですが、25課ぐらいからなら問題なく入ります。一番効果があり、おすすめのタイミングは50課まで終わって、これまで散々先生に注意されてきたものを自分たちで発見させるときです。さらに、語を易しくすればもっと早い段階、例えば10課ぐらいからでも可です。つまりいつでもいいのです。

-

 文・原稿用紙の書き方

まずは、作文の書き方です。下にいい例と悪い例を載せたので、ご覧ください。原稿用紙はだいたいこのように使います。
注意① 拗音と長音は一マス
注意② 拗音や句読点はマスの左下だが、
    かっこの左部はマスの右上
注意③ かっこと句読点は同じマス内
注意④ 数字は一マスに2つだが、
    3桁の場合、三つめは一マスに
注意⑤ 「ね」「よ」使うな!
    普通体丁寧体同時に使うな!
 
注意⑥ アルファベット小文字2つで1マス
    アルファベット大文字1つで1マス
注意⑦ 文頭の句読点は禁止。前の行の文末に置く
    改行後は1マス空ける
×




 ス目に拗音などを正しく入れさせるには

拗音や長音、句読点をなかなか一マスに入れてくれません。これを正すいい方法があります。

①作文を書かせる前に『部屋の中に様々な物が書かれた絵』を配布(物はクッションやコーヒーなど、特殊拍を含むもの)
②クッションの隣に5マスのマスを書いておく
③その物が何なのか考えさせ、マスにその物の名前を書かせる
④一マスに拗音や促音を正しく入れないと、マスに空白ができてしまい、正答とならない

問1.Aは何ですか。カタカナをマスに書きなさい。

A:  ×  クッ  ショ      
           

上のように、×には2マスの空白ができています。これを行うことで、一マスに拗音や促音が入ることを意識させることができます。

 用例と訂正方法

構成は ①タイトル②本文③問題 から成ります。
まずは【本文】を読ませます。おかしな点を発表させてもいいですし、【問題】を本文の下に書いておき、それぞれ①や②に入る言葉を考えさせた後で答え合わせをしてもいいです。所々難しい語や、未習の語があったりしますが、文の意味はわからなくても構いません。これは作文の構成を考えるものであり、精読する必要はありません。

タイトル:自己(じこ)紹介(しょうかい)
【本文】
 私は中国から来た張です。よろしく!!私はすしとファストフードが大好き!
 ちょっと日本語が話せるんだ。だから、アルバイトもしている!先生は?アルバイトしていますか。

【問題】
1) 硬(かた)い言葉(ことば)だけで書かなければならない。①言葉は使ってはいけない。
 ① やわらかい
2) ②体(たい)や③体(たい)をいっしょに使ってはいけない。
 ②普通 ③丁寧
3) 「④」や「⑤」は使ってはいけない。➅もだめ。
 ④! ⑤? ➅質問
参.「?」「!」を使ってもいい場合とは

タイトル:私の好きな本
【本文】
 わたしは中国のちょうともうしますわたしは日本がだいすきですよわたしのすきなほんはにほんのれきしのほんですね
 このほんはにほんのれきしやぶんかがわかりやすくかいてあるので、わたしがしりたいこともすぐにわかりますね。
 はじめてこのほんのことを知ったのはさんねんまえですよ

【問題】
1) ①は要(い)らない。関係(かんけい)ない。
 ① 自己紹介
2) ②が多い。読みにくい。
 ② ひらがな
3) 点(てん)や③が少ない。読みにくい。
 ③ まる
4) ④や⑤は要(い)らない。
 ④ね ⑤よ

タイトル:私の学校
【本文】
はじめまして。今日はいい天気だ。1年前に日本へ来ました。私の学校はABC学校だ。ABCは非常(ひじょう)に大きな学校で、教室は全部で30もある。教室はいろいろな形(かたち)がありますが、たいてい大きく、私が今勉強している教室もかなり大きいです。
学生は中国人やベトナム人、韓国人など世界中の人が集(あつ)まって勉強しているので、毎日授業は楽しい。そして、先生は全(すべ)て日本人だが、一階に私の言葉がわかる人もいるので、困ったときはよくその人に助(たす)けてもらいます。

【問題】
1) 天気のことなど、タイトルに①ことがある。
 ① 関係ない
2) ②が少ないので、とても読みにくい。
 ② 改行
3) ③体(たい)や④体(たい)をいっしょに使ってはいけない。
 ③普通 ④丁寧
4) 改行(かいぎょう)のあとに、⑤ない。
 ⑤ 1マス
参.改行は内容の塊

 

細かい文法の間違いや濁点がないなどもあるのですが、それよりも、『作文の書き方を知らない』学生が多いです。特に冒頭の自己紹介は数が多すぎて、添削の後半ともなると見るだけで手が震えます。しかし彼らは知らないだけなんです。そして、何度「普通体と丁寧体を混ぜて使うな」「改行しろ」と言っても直りません。大事なのは失敗を発見『させる』事。
本文を読んだ学生の反応は皆同じです。
 うわ、何コレ、読みにくい。
当然です。改行も漢字もない、さらに上にはありませんが文法の間違いまでこれにプラスされたものを読んでいる私達の苦労を分かってもらえると思います(反応見ながらニヤニヤが止まりません)。
上の本文と問題を配ったAクラスと、配らないBクラスを比べてみるとわかるのですが、Aクラスは指摘した部分は90%なくなりましたが、Bクラスは相変わらずの結果です。

参.初級学生のひらがな・カタカナ誤用例と直し方のコツ - N2et
参.作文指導法(なんとかアプローチ) - N2et

 導/教授法

上のように「発見させる」指導法も一つの手ですが、そればかりではいけないので、ここで一つの指導法を紹介します。
①カメラマン
まず一つ目は「筆者はカメラマンになること」。この①は小学生に教える時などの方法なので、大人クラスだときついかもしれませんが、例えば、学生にテレビの話をして、テレビは誰が撮っているのか考えさせます。カメラマンが出てきたら、じゃカメラマンは何を視聴者に伝えるのかを考えさせます。
五感です。色や香り、音(歓声)を映像で伝えますが、作文は文字で伝えるのです。この五感の描写がないと、「筆者と読者の目を共有する」作文の目的が果たせません。

②タイトル
これは一番印象に残ったことを書くといいでしょう。読者の気を引くもの。「遠足」ではなく、「3回も転んだ山登り」などにするとリアルな情景が読む前にうかびます。

③点メモ
時間があるなら、これもいいかもしれません。なかなか書き始めない子には裏紙の真ん中にタイトルを書きます。そこから線でタイトルに関連したものを繋げていきます。いわゆる肉付けのところをここで視覚的に出し、書きやすくします。

④対話
それでもダメな場合は、これも少人数クラス、時間があるクラス限定になりますが、先生との対話によって作文を完成させていく方法です。自由に書けと放任するのではなく、対話によって構築させていくことで、少しずつ完成を目指します。



人気テキスト

みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き
みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き

心ときめくオキテ破りの日本語教授法
心ときめくオキテ破りの日本語教授法

日本人ですが、ただいま日本語見習い中です![無料版]
日本人ですが、ただいま日本語見習い中です![無料版] ~言葉を愛する辞典編集者たちの毎日~ 楽しく学べる学研コミックエッセイ

他の日本語教育関連書籍を見る


便利アイテム

写真や動画、プリントを大きく見せる小型プロジェクター
FOSONN モバイル DLPプロジェクター 日本語説明書付き ワイヤレス接続 DLNA/Miracast/Airplay対応 バッテリー・スピーカー内蔵

〇コスパ・重さ・実用性
明るい教室でも使える

EPSON プロジェクター EB-S04 3000lm SVGA 2.4kg

万能クリップ
cheero CLIP 万能クリップ (全色セット)

添削物を守る倒れないマグカップ
マイティーマグ 赤 レッド #1479

新刊案内

日本語教師になるための学校ガイド2017
日本語教師になるための学校ガイド2017 (イカロス・ムック)

文法必携バイブルN1完全制覇文型集
文法必携バイブルN1完全制覇文型集 (日本語能力試験文法ベスト対策シリーズ)

日本語能力試験対応 きらり☆日本語 N4 語彙
日本語能力試験対応 きらり☆日本語 N4 語彙

シャドーイング 日本語を話そう 就職・アルバイト・進学面接編 ―インドネシア語・タイ語・ベトナム語版
シャドーイング 日本語を話そう 就職・アルバイト・進学面接編 ―インドネシア語・タイ語・ベトナム語版

新ここからはじまる日本語学
新ここからはじまる日本語学

日本人がよく使う日本語会話 お決まり表現180 (Speak Japanese!)
日本人がよく使う日本語会話 お決まり表現180 (Speak Japanese!)

日本語教師のための 実践・作文指導
日本語教師のための 実践・作文指導
日本語教師の7つ道具シリーズ3 作文授業の作り方編
日本語教師の7つ道具シリーズ3 作文授業の作り方編
改訂版 大学・大学院留学生の日本語②作文編
改訂版 大学・大学院留学生の日本語②作文編

  教科別で選ぶ参考書

【略称の意味】
T=教師 S=学生 TS=教師から学生に ST=学生から教師に G=ジェスチャー P=場所 X=文型前の言葉 Y=文型後の言葉(前件と後件ではない) FC=フラッシュカード PC=絵カード LC=文字カード WB=ホワイトボード ◆=目標・これからやる事 ★=レアリア・プリント 1gV=1グループ動詞 L51=みん日では非提出 比.=比較対象文型 参.=参考として見ておくもの 教問=教科書問題 例文=教科書の例文 手引き=みんなの日本語の手引き  標問=みん日標準問題集 秘訣=日本語の教え方の秘訣[くわしい教案と教授法]1~13課 14~25課  26~37課  38~50課 
文練=みんなの日本語文型練習帳1~25課  26~50課