本文へスキップ




サイト内検索

スポンサードリンク


当サイト管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています。レッスン内容の詳細はこちらのページskypeでのご依頼も受け付けています

 39課 ~て(原因) ~くて/~で、~ ので

~ いろいろな一覧 ~
2版動詞 1~25課 2版動詞 26~50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1~25課2版1版① 26~50課2版1版②  カタカナ  場所


2017年4月、サイトをリニューアルしました。教案や一覧はみんなの日本語2版対応(情報量は倍以上に)、ブログページの新設、PC端末以外に対応など、様々な面で改良しました。
新サイト:日本語教師のN1et ➔教案ページ 授業のコツ
JLPTは鋭意移行中です。

-

 新出語

・うれしい:楽しいとの違い注意
・死にます:L38亡くなるとの違い。日常会話では人の場合「亡くなる」。メディア両方可
・~代:電気代、ガス代、水道代
・お疲れさまでした:「お疲れさま」は原則下から上は×だが、「お疲れさまでした」は一般的。L38の会話C-2「お先に失礼します」でもいい
・焼けます:L26の燃えるとの違い注意(基礎国語辞典p1151に燃える・燃やす・焼けるの違い)

 教師用メモ

A-1
1.意志表現の代表的なものに、「私は~ます」というのがあるが、これが「私は~ました」になると意志表現を含まないものとなる。その場合事実を描写しているだけなので、意味を含むか含まないかは関係がなくなるのだ   
『(私は)恋人の声が聞きたくて、恋人に電話しました』
※だが、このニュアンスを伝えることは不可能なので、絶対に非提出


A-2
1.気をつけないとL16形容詞の並列の用法になってしまうが、実際原因か並列か見分けがつかないものも
 ・このジュースは冷たくて、おいしいです

これは「どうしておいしいのか、冷たいから」ともとれるし、「ジュースが冷たい、そしておいしい」ともとれる。

 教案

A-1 Vテ、~ N4 【心・気持ち・原因(後件感情)】

1.前件は(Vテ/Vなくて)で、後件の原因を表す

2.後件に意志表現×。使可語はかなり少ない。「びっくりする・安心する・うれしい・悲しい・恥ずかしい・がっかりする」などの感情を中心に扱う
他にも「痛い・おもしろい」などがあるが、気持ちの言葉と教授するので、混乱を招く。非提出

3.意志表現の代表的なものに、「私は~ます」というのがあるが、これが「私は~ました」になると意志表現を含まないものとなる(B-3の2にある)。その場合事実を描写しているだけなので、意味を含むか含まないかは関係がなくなるのだ   
『(私は)恋人の声が聞きたくて、恋人に電話しました』
※だが、このニュアンスを伝えることは不可能なので、絶対に非提出

★感情表現(形容詞・動詞)PC

スポンサードリンク


便利アイテム

日本語教師のために作られたような国語系最強の辞書
カシオ 電子辞書 エクスワード プロフェッショナルモデル XD-Y20000 コンテンツ200

添削を楽に
ビバリー スタンプ ドラえもん 先生のごほうびスタンプ SE4-008
↑の補汁液(赤)

写真や動画、プリントを大きく見せる小型プロジェクター
FOSONN モバイル DLPプロジェクター 日本語説明書付き ワイヤレス接続 DLNA/Miracast/Airplay対応 バッテリー・スピーカー内蔵


日本語教育の人気書籍を見る

スポンサードリンク

◆初めは簡単に前件固定で、後件を様々な無意志表現で

★LC学生に見えるところに「母より」、Tに見える面に手紙の内容を書いた拡大手紙
T:(手紙を出し、読みだす)え~!
S:どうしたんですか
T:母が…母が…、入院しました。
手紙を読みます・びっくりしました
T:(手紙を出し、読みだす)あ~よかった・・・
S:どうしたんですか
T:母が…母が…、退院しました
手紙を読みます・安心します


◆使う感情の形容詞復習(ここで限定させる意味も)→導入


B-1


ダメだと言われてがっかりしました
先生に会えて、嬉しいです
ゴキブリを踏んで、気持ちが悪かった
元気で安心しました
結婚してと言われて嬉しかったです
Vナイくて、~ 原因

1.Vなくて・Vないでの違いに注意
家族に会えなくて、寂しいです

B-2
A-2 Aくて/Naで、~ (『Nで』はA-3)  【原因・理由】

1.可能V否定形と「わかりません」を中心に扱う(←手引き)が、形容詞も無意志と教授済みなので、形容詞も使い教授

2.前件は後件の原因を表す。後件に意志を含んだ表現は×

3.後件に意志を使う誤用が多い→ うるさくて、×寝ません 〇寝られません

4.気をつけないとL16形容詞の並列の用法になってしまうが、実際原因か並列か見分けがつかないものも
 ・このジュースは冷たくて、おいしいです
これは「どうしておいしいのか、冷たいから」ともとれるし、「ジュースが冷たい、そしておいしい」ともとれる。

★食品サンプル★FC可能V
お野菜 & タマゴ 食品サンプル 12種類セット (野菜11種+玉子)
お野菜 & タマゴ 食品サンプル 12種類セット (野菜11種+玉子)
T:(聞こえない声量で適当に話す)
S:先生!聞こえません!
T:え?どうして?(これはギリギリ聞こえる声量)
S:声、小さい!もっと大きいお願いします
T:(いつもの声量の2倍で話し驚かす)そうです!!聞こえません!どうして?声が小さいですから。声が小さくて、聞こえません!

B-3【Aくて/Naで、無意志】前件が「~かったです」となっているが、ちゃんと「~くて」に変換し、後件は過去形にしないといけないのが難しい
字が小さくて、見えません
字が小さいです・見えません
説明が複雑でした・全然わかりません
新聞は漢字が多いです・?
韓国料理は辛かったです・?
家は駅から近いです・?
アルバイトは給料が高いです・?
先生は?、好きです
先生は?、嫌いです

C-1理由を言って誘いを断る
A今晩映画に行きませんか B今晩ですか。ちょっと都合が悪くて…… A行けませんか Bええ、すみません。また、今度お願いします
A-3 Nで~

1.事故、事件、出来事、災害

2.名詞の場合は、よくない事・出来事などが原因で、後件になったことを表す
◆「亡くなる」など死に関する話題はクラスが暗くなるので、避けがちだが、この課を逃すと他の課で効果的に「死ぬ」などの言葉を使う機会がない。それから、この文型は悪い状況によく使うので、むしろ積極的にそういった言葉やマイナスなイメージを使った方がいい

T:この間、駅前で火事がありましたね。見ましたか
S:見ました
T:人が亡くなってしまいました。3人亡くなりました
火事で3人亡くなりました

B-4

C-2
A-4 Vので、~ 理由

1.Vノデは「どうして~ますか」、Aいノデは「どうして~Aいですか」と言う風にQA
2.このノデで一番やりたいのはB-7の許可を求める表現。ここを強調して、練習も多めに
T:昨日どうして休んだんですか
S:風邪でしたから、休みました
 疲れていたので、休みました

B-5
Aい・Na/Nなので、~
NaとNは定着しないので、よく練習
T:~さん、納豆は食べられるようになりましたか
S:いいえ、まだです
T:どうして食べないんですか
S:おいしくないです、食べません

T:私は毎日食べます。
A・・・健康にいいです、 毎日食べます   ・・・健康にいいので
Na・・・好きです、                ・・・好きなので
N・・・好きな食べ物です            ・・・好きな食べ物なので

B-6

B-7 後件を「てもいいですか」に 教科書はVノデはないが、入れて練習
お腹が痛いので、トイレに行ってもいいですか
※この課で一番重要なノデてもいいですか

B-8前件が「Nで/Vテ、~ので」のように、組み合わせ
雪で新幹線が止まりました・会議に遅れました
※これも大変重要な表現

C-3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 授業記録

1.そもそもなぜ「食べます」が意志で「食べられます」が無意志になるのか理解できていない学生が多い。可能にはそれ自体で状態を表す効果があるためであるが、伝えきれないので、少し強引になるが頭ごなしに覚えてもらうしかない。これ以降もまだまだ意志無意志を意識させる文型は出るので、繰り返し喚起となる
 >>意志・無意志の重要性

 考察

1.「燃える焼ける」は見る箇所に違いがあるということもできる。
燃えるは「炎」、焼けるは「燃えている物体」に焦点。魚が燃えたというと炎は上り食べられない。魚が焼けたは火が通って食べられる状態を言う

2.「ございますL50」の現在ふつう形は「ござる・ござらない」。これに「フので」を足すと
〇お時間もございませんので、~
?お時間もござらないので、~
!?お時間もござるので、~
になるので、注意(授業では触れない)

  教科別で選ぶ参考書
日本語教師のノウハウをプライベートレッスンで教えています(skype可)。レッスン詳細はこちら

【略称の意味】
T=教師 S=学生 TS=教師から学生に ST=学生から教師に G=ジェスチャー P=場所 X=文型前の言葉 Y=文型後の言葉(前件と後件ではない) FC=フラッシュカード PC=絵カード LC=文字カード WB=ホワイトボード ◆=目標・これからやる事 ★=レアリア・プリント 1gV=1グループ動詞 L51=みん日では非提出 比.=比較対象文型 参.=参考として見ておくもの 教問=教科書問題 例文=教科書の例文 手引き=みんなの日本語の手引き  標問=みん日標準問題集 秘訣=日本語の教え方の秘訣[くわしい教案と教授法]1~13課 14~25課  26~37課  38~50課 
文練=みんなの日本語文型練習帳1~25課  26~50課