本文へスキップ

管理人カキアゲによる日本語教師養成プライベートレッスン➔詳細                 お問合せ:jn2et@yahoo.co.jp




サイト内検索

 7課 第一回授受 手段のデ あげもらい もう~ました/まだです

~ いろいろな一覧 ~
2版動詞 1~25課 2版動詞 26~50課 2版形容詞  例文

ゲーム   文型   副詞・接続詞   活用
・  助詞・助数詞・疑問詞

1~25課2版1版① 26~50課2版1版②  カタカナ  場所


2016/8/22更新 23課 ~とき ~と(条件文) どうしますか
2016/8/17更新 に沿って N2 ①目前用法 ②話題用法

-

 新出語

 教師用メモ

1.授受表現は三回 
L7  「Nをアゲモライ」のみ (上下ウチソトは省)
L24 「L7」+「Nをクレル」+「Vテアゲモラクレ」(上下ウチソトは省※例外文あり)
L41 「L24に上下ウチソトを加えたもの」
参.授受動詞

2.助詞デの用法は
L7デ道具手段 「はしでごはんを食べます」
など、4つある。それぞれよくテキストを読んでおき、違いを説明できるようにしておく。

3.アゲモライは主語が「教科書では私に限定されている」が、標問では「三人称は三人称にあげもらいます(松本さんはマイクさんにネクタイをもらいました)」と出ている
授業では私に限定して導入・練習するが、標問やテストのために三人称の主語を最後の方に(さらっと)紹介しとく。教えるクラスのレベルでどれだけ教えるかの割合を変える

4.主語を私以外で言わせないようにする。

5.下の二文の違いはたまに聞かれるので整理しておくこと
日本語で話す/書く 日本語を話す/書く

6.贈り物として縁起が悪い時計
中国では掛け/置き時計は贈り物として縁起が悪い。時計の中国語は『鐘(zhong)』、時計を送ることは『送鐘(song zhong)』と発音し、送衷(song zhong・告別式)と同じ発音なのだ。他にも『傘(san)、扇(shan)』=散る、離れる。台湾はもう一つ、ハンカチが台湾語発音では『手巾』となる。『巾』と『筋』は同じ発音なので、ハンカチを送ることは『斷筋(葬式のお返し)』と同じ発音であることに注意。
中国人onlyのクラスなら止めた方がいいかもしれないが、あえて提出し、日本人は気にしないことを教えもいい。ちなみに、腕時計なら問題ないらしい

 教案

デ復習




ミラーレス一眼ダブルズームレンズキット
Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T

便利アイテム

日本語教師のために作られたような国語系最強の辞書
カシオ 電子辞書 エクスワード プロフェッショナルモデル XD-Y20000 コンテンツ200

添削を楽に
ビバリー スタンプ ドラえもん 先生のごほうびスタンプ SE4-008
↑の補汁液(赤)

写真や動画、プリントを大きく見せる小型プロジェクター
FOSONN モバイル DLPプロジェクター 日本語説明書付き ワイヤレス接続 DLNA/Miracast/Airplay対応 バッテリー・スピーカー内蔵

イラスト自作してくスタイル

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD 【新型番】2015年7月モデル DTK-1301/K0

万能クリップ
cheero CLIP 万能クリップ (全色セット)

なげこみBOX 6分類
ナカバヤシ なげこみBOX F6 6分類 フボI-F6 by ナカバヤシ

新刊案内

日本語教師になるための学校ガイド2017
日本語教師になるための学校ガイド2017 (イカロス・ムック)

文法必携バイブルN1完全制覇文型集
文法必携バイブルN1完全制覇文型集 (日本語能力試験文法ベスト対策シリーズ)

日本語能力試験対応 きらり☆日本語 N4 語彙
日本語能力試験対応 きらり☆日本語 N4 語彙

シャドーイング 日本語を話そう 就職・アルバイト・進学面接編 ―インドネシア語・タイ語・ベトナム語版
シャドーイング 日本語を話そう 就職・アルバイト・進学面接編 ―インドネシア語・タイ語・ベトナム語版

新ここからはじまる日本語学
新ここからはじまる日本語学



日本語教育の人気書籍を見る

◆PCを使って、交通手段のデを復習
T:これは何ですか
S:電車です
T:電車ー?を?へ?は?

板書 私は明日 ? <場所>へ行きます
(?に電車のPCを置き、助詞を考えさせる)

◆5課復習と同じように、穴あきで板書し、場所デを思い出させる

板書 私は ? ボールペンを買いました
A-1  ~で~を~ます  デ道具
★PC食べ物 カレー・ステーキ★PC食器★箸・スプーン・フォーク・ナイフ★パン★弁当
◆食べ物の絵を見せてどの食器で食べるのか言わせる
T:見てください。これは何ですか
S:魚です
T:魚は(食器を教卓に並べておき、それを一つずつ持って見せながら)これ?これ?
S:はしで

板書 はし        で 食べます
   スプーン
   フォーク
   スプーンとフォーク

◆「食べます」の前の助詞が言葉によって変わる事を確認
T:これは何ですか
S:魚です
T:(★魚と★食べますを並べ、間に空欄を作り助詞を聞く)ここは?
S:を
T:そうです。魚を食べます

板書          魚 を 食べます
(空欄に★はしを置き、助詞を考えさせる)

T:ここは?
S:はしで

◆導入の板書の食べ物と道具を変えて練習
(まず道具だけを変えて練習)
T:(板書の道具の所だけを消して、箸を見せる)はし?魚を食べます
S:はしで魚をたべます
T:(手を見せる)パンを食べます
S:手でパンを食べます

(次に食べ物だけを変えて練習)
T:(板書の食べ物の所だけを消して、魚を見せる)はし、魚、食べます
S:はしで魚をたべます

◆↑の練習中にソレでコレは食べません、という意見が出たら文に「日本人は」と
 「何で~」を入れる
※同じ国でも地域などで違ったり、人によって食器が違う事にも配慮しながら練習する
T:S1さんはフォークで魚を食べます。でも日本人は箸で魚を食べます

板書 日本人 は はし で ごはん を 食べます
(日本人の所をインドネシアやアメリカの国旗に変えて練習)

T:(インドネシアの国旗を見せて)インドネシア、スプーンとフォーク、ごはん
S:インドネシア人はスプーンとフォークでごはんを食べます

◆「何で食べますか」を入れる
T:S1さんはベトナム人ですね。ベトナム人、うーん、箸?フォーク?何で食べますか

板書 何 で ごはん を 食べますか

T:何でごはんを食べますか
S1:~で食べます
(他のSにもSSでQAさせる)

◆食器でない道具デを入れる
T:これは何ですか
S:えんぴつです
T:えんぴつでごはんを食べますか(鉛筆を使ってごはんを食べるG)
S:食べません
T:何をしますか
S:えんぴつで書きます

板書 えんぴつ で ? を書きます

T:?は何ですか
S:えんぴつで書きます

板書 えんぴつで 手紙   を書きます

T:これはファックスです。ファックスで・・・?(PCレポートを見せる)
S:ファックスでレポートを送ります

板書 ファックスで レポート を送ります
          
(レポートを変えて全体リピート→個別に言わせる)

◆ここまででデが「道具」を使って何かをするという概念は入ったので、B-1のPCを見せて、文作させる
B-1
T:(例のPCを見せて)これは何ですか。
S:ごはんです
T:これは?
S:はしです。はしでごはんを食べます
(1~4も同様に物の名前を確認しながら全体リピート→個別に言わせる。終わったら「何でごはんを食べますか」の形もSSで言わせる。Tは例~4のPCを見せて指示)
A-2  ~語で~を書きます  デ言語
◆7課のここまででとりあえずはデの用法は全てなので、いったんここでまとめをする

板書 電車   で 学校へ行きます
   デパート で 時計を買いました
   はし   で ごはんを食べます
    (↑乗り物、場所、道具を変えて全てデを使っている事を確認)

◆「言語で~」を入れる日本語  で レポートを書きます
T:私はアメリカへ行きました。友達はアメリカです。毎日手紙を書きます。友達はアメリ
 カ人です。日本語(首を振る)。英語です
 
板書 わたしは英語 で 手紙を書きます
(板書の英語を他の言語に変えて全体リピート→個別に言わせる)

◆板書の「わたしは」と「英語」を変えてリピート練習
T: (「私は」を他の人に変えて)どうぞ
S:こうたさんは英語で手紙を書きます
T: (「英語」を他の国に変えて)どうぞ
S:こうたさんは韓国語で手紙を書きます
(全体リピート→個別に言わせる)
A-3  ~は~語で~です
T:Thank youは英語です。日本語で?
S:ありがとう

板書 ‘’Thank you‘’は日本語 で 「ありがとう」です

◆「おはようございます」「さようなら」などを各国語で言わせる
T:おはようございますは?S(タイの学生)さん
S:おはようございますはタイ語で~です
(他の物も日本語でTが指してSに言わせる)
T:(テレビを指して)これは英語でTVです。日本語で?
S:TVは日本語でテレビです
~は日本語で何ですか  物の名前を尋ねる
◆日本語で何というのかを尋ねる形を入れる
T:これは日本語でノートです。これは日本語でシャープペンです。これは日本語で・・・
(?を見せる)
S:これは日本語で 何 ですか

板書 これは日本語で 何 ですか

◆質問の形を言わせる状況を与える。

B-2
◆PCを見せながら文を作らせていく。全体で文作した後、個別に当てていく

C-1
SSで日本語以外にも各国の言葉動詞でQAをさせる
A-4  ~にあげます(あげます類の動詞事前にチェック)
1.クレマスはL24
◆座らせたままでもいいが、印象的な導入にしたいので、できればS1を前に呼んで、楽しい授受を行う

    人        人     物
板書 T:私は      S1さん に  N をあげます
                      あげました

    人  じかん   人     物
板書 T:私は  ~   S1さん に  N をあげます
                      あげました

◆代入練習
物を色々な物に変えて全リ→個リ

B-3PC
PCを見せながら、文を言わせていく
A-5~にもらいました(もらいます類の動詞事前にチェック)
◆導入

◆モライマスを色々な物で代入練習

◆もらいます類の動詞を入れる

B-4

口頭練習。Tが文を言い、その反対の意味の文をSが答えていく
T私は人さんにプレゼントをあげました。私は先生に・・・?
S私は先生にプレゼントをもらいました

※カラ ニ違い
だれにもらい/借り/習いましたか
疑問詞の導入はこれまで通り入れる。助詞注意
◆「だれにもらいましたか」が自然な状況を与える

板書 Q:わたしは S1 に プレゼント を もらいました
          ↑
         だれ                 か
   A:人      に プレゼント を もらいました

B-5
B-6
C-2
◆TがSの持ち物を褒める。会話は板書
T:あ、S1さん、その時計、すてきですね
S:ありがとうございます
T:だれにもらいましたか
S:誕生日に<人>にもらいました

◆あげます⇔もらいます、を正しく言えるか確認
T~さん、あげます、どうぞ(時計をあげる)。私はS1に時計をあげました
S1私は先生に時計をもらいました
 プレゼントをS1に渡す
TS2さん、先生はS1さん・・・?
S2にプレゼントをあげました
 S2にS3に渡すよう促す
TS4さん、どうぞ
S4S2さんはS3さんにプレゼントをあげました
TS3さん、私は・・・?
S3私はS2さんにプレゼントをもらいました
A-6もう~ました/まだです
※L31「まだVていません」
 ×まだ食べません →まだです
◆時間軸を書き、今の左に起きたことを書く

板書 Qもう昼ごはんをたべましたか A①はい、もうVました。
                  A②いいえ、まだです
   QいつVますか        Aこれから/明日Vます

◆難易度は高くなるが、ヒント文。PCを見せ、文を作らせQ→A
「まだ」の答えにはいつするか質問する
もう今日の宿題をしましたか     もう京都/スカイツリー/新宿へ行きましたか

B-7
C-3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 授業記録

1.「もう~ましたか」「いいえ、まだです」
「いいえ、まだです」と答えるだけのQAだが、テストなどもそうだが、死ぬまで言い続けるんじゃないかという程中級でも↓を言うSが後を絶たない

 Q:もう京都へ行きましたか
 A:×いいえ、いきませんでした

 Q:もう京都へ行きましたか
 A:×いいえ、いきません

 Q:もう朝ごはんを食べましたか
 A:×いいえ、食べませんでした

大変この誤用が多い。強く強調すること。

2.S「先生、ペンを借りてください」
貸しますや習いますの方向は理解できるが、これをテクダサイの形にすると途端におかしな文を言ってしまう。
「先生のPC」と「教えます」、「学生のPC」と「習います」をよく目に焼き付かせたら、テクダサイは相手に動作を要求することである事を強調する

3.後ろの動詞だけを見て、機械的に「友達へ行きます」などとする学生がそろそろ出てくる頃。助詞の確認の際には前の言葉だけを変えて、または後ろの動詞だけを変えて、説明すると助詞が何によって変わっているのかがわかり、理解しやすい。
電車  で 行きます    はし を 買います
図書館 へ 行きます    はし で 食べます
友達  と 行きます

 考察

1.「父」と「お父さん」の違い
について教える課なのだが、注意しなければならないことがある。

学生と買い物に行った時のこと、★学生達が私の事を「ちち、ちち!」と呼んでいた。学生達が言うには私は学生のお父さんのような存在だから、「ちち、ちち」と呼んだとのこと。

(以下紛らわしいので、お父さん/父=father)
私をfatherと呼ぶことが問題ではなく、その呼び方が問題なのだ。呼ぶとしても父ではなく、お父さんと呼ぶべきである。
「自分のfather=父」「相手のfather=お父さん」で入れると、上記の★のようになる。「相手のfather=お父さん」はいいのだが、父は「相手と、『自分のfather』の話題をする時のfatherの呼称=父」と教えなければならないので、簡単なように思える二つの違いだが、意外と面倒。つまり、自分のfatherは「父」だが、呼びかける時は「お父さん」になる、ということである。

下クラスにはこの説明はしなくてもいいが、勘のいいこにはしてもいいかもしれない。

  教科別で選ぶ参考書

【略称の意味】
T=教師 S=学生 TS=教師から学生に ST=学生から教師に G=ジェスチャー P=場所 X=文型前の言葉 Y=文型後の言葉(前件と後件ではない) FC=フラッシュカード PC=絵カード LC=文字カード WB=ホワイトボード ◆=目標・これからやる事 ★=レアリア・プリント 1gV=1グループ動詞 L51=みん日では非提出 比.=比較対象文型 参.=参考として見ておくもの 教問=教科書問題 例文=教科書の例文 手引き=みんなの日本語の手引き  標問=みん日標準問題集 秘訣=日本語の教え方の秘訣[くわしい教案と教授法]1~13課 14~25課  26~37課  38~50課 
文練=みんなの日本語文型練習帳1~25課  26~50課